株式会社サンバック
プライバシーポリシーサイトマップ
HOME社長挨拶会社案内製品情報真空部品販売お問合わせ

HOME>製品情報>真空装置>真空溶解炉

【おすすめコンテンツ】真空蒸着装置/スパッタ装置/CVD装置/真空脱ガス炉/真空焼結炉/真空溶解炉/各種装置


型 式 外 観 特 徴 仕 様
外熱式
高周波溶解炉
外熱式高周波溶解炉  本装置はガラス材料を真空中又は不活性ガス中で溶解し、磁場中で急冷固化を行う研究目的の装置です。
 上記目的達成の為、外熱式にてプラチナルツボを高周波誘導加熱することにより、試料を溶解致します。
詳細仕様
小型
高周波誘導
加熱真空溶解炉
高周波誘導加熱真空溶解炉  本装置は高周波電源を使用した高周波誘導加熱真空溶解炉で、主にチタンを溶解する為に開発された装置です。
 本装置の最大の特徴は、溶湯したチタンを攪拌する為に、ルツボを任意の角度に傾斜させた状態で回転することが可能です。
詳細仕様
SVM-400R SVM-400R  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-400Rは誘導加熱式溶解炉で、ALを1500g(鉄換算400g)の容量まで溶解可能です。
 高周波電源は5KW 30KHz仕様を採用しております。また添加バケットを2個標準装備しております。
詳細仕様
SVM-500R  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-500Rは誘導加熱式溶解炉で、鉄換算500gの容量まで溶解可能です。
 高周波電源は10KW 20~50KHz仕様を採用し、溶解時間の短縮を実現しております。
 添加バケットを2個標準装備し、溶解中の温度監視が出来る様、熱電対も標準装備しております。
 連成計にて加圧の監視も可能で、大気溶解も可能です。
 本装置の最大の特徴は、高周波電源・加熱コイル用の循環式水冷却装置を標準装備しており、研究室のユーティリティ環境に配慮しております。
詳細仕様
SVM-1000  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-1000は金属を高周波誘導加熱により溶解する装置であります。研究開発用として多くのお客様にご利用頂いております。ルツボのサイズや材質、溶解したい材料等によりカスタマイズが可能です。また、鋳型の形状はご要望の形状に合わせて製作いたします。 詳細仕様
SVM-10000  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-10000は希少元素を効率的に分離回収するリサイクル技術を開発するために使用する高周波誘導加熱真空溶解炉です。Arガス圧力を自動で制御し、希望の圧力を一定にしたまま溶解作業が可能です。増設により高真空排気も可能です。 詳細仕様
SVM-10000R SVM-10000R  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-10000Rは誘導加熱式溶解炉で、Ni基やCr基を1000g(Ni換算)の容量まで溶解可能です。
 高周波電源は10KW9.9KHz仕様を採用しております。また添加バケットを5個標準装備しております。
詳細仕様
SVM-20000  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-20000は真空排気後、不活性ガス(Ar)雰囲気中で金属材料を溶解、上部に吊下げられた複数のサンプルを順次、溶湯に浸漬処理させることを目的とした装置です。
また、装置には重量もある溶解金属の投入や残湯処理対策として、傾注機構を付属し、
それに伴う付属機構が装備されております。
ルツボの大きさや材質に整合する様、整合器は3タップ切替方式となっておりますので、様々な材料の溶解に適しております。
詳細仕様
SVM-30000 SVM-12000R  高周波誘導加熱真空溶解炉SVM-30000は金属材料及び合金を最大30Kg真空中または不活性ガス雰囲気中にて溶解・鋳造する装置です。
 50KWの高周波電源を採用しておりますので、短時間に溶解が可能で、生産ライン用として開発された装置です。
 従来の真空溶解炉は制御盤が大きく、作業スペースが狭いとの声に配慮し、制御盤の省スペース化も実現。
 排気系は油回転ポンプ+メカニカルブースターポンプ+7500L/secの油拡散ポンプの組合せにより短時間にて排気可能です。
詳細仕様
真空
アーク溶解炉
真空アーク溶解炉  真空アーク溶解炉は消耗電極方式と非消耗電極方式と2種類あります。
 電源は300Aと500Aを選択可能で、鋳型の形状はご要望に応じてカスタマイズ可能です。
 弊社独自の急冷構造により、溶解した材料はすぐに取り出し可能です。
 標準装備として、水冷電極、鋳型、試料反転機構、内部照明灯、油回転ポンプ、油拡散ポンプ、ブルドン管真空計、ピラニ真空計、電離真空計、真空バルブ、ガス導入弁、安全弁、アーク電源から構成され、スタンダード品でご希望の溶解が出来るようになっております。
 オプションで、排気系自動操作やタッチパネル操作も可能です。
詳細仕様
超高真空溶解炉  本装置は合金材料における含有水素量の低減を図るため、超高真空下における溶解を行うために使用する抵抗加熱式の電気炉です。また、含有水素量の低減に向け、溶解中のガスバブリングおよび溶湯撹拌にも対応できる機能も備えております。圧力はAPC制御となっておりますので一定圧の溶解環境を実現できます。 詳細仕様
上部へ戻る